寝たきりの要介護者に必要な介護用品とは

要介護度が高い方は寝たきりの場合が多いですが、寝たきりでいるのには床ずれや不衛生などの問題が挙げられます。それをサポートするのが介護用品ですが、寝たきりな方は自分で体を動かすことが難しく、長時間同じ体勢のままでいることになってしまいます。そうすると一部分だけに体重がかかって床ずれになります。それを介護する側が介入することによって、床ずれを予防することが出来ます。体位変換用のクッションがあり、2時間ごとに身体の向きを左右や上向きに変えていきます。クッションにも形や素材に種類があるので、要介護者の身体状態に合わせたものを選びましょう。他には、体圧を分散するベッドマットや介護がしやすいように、上半身や脚部分、高さを個別に調節出来るものを選ぶと良いでしょう。入浴や外出などで移動が必要な場合には、介助用のリクライニングタイプの車椅子が適しています。

身体状態に合わせて選ぶ排泄関連の介護用品

排泄は人間にとって当たり前の生活習慣です。でも、要介護者には歩行が不安定だったり片麻痺があったり、認知症があったりと様々な方がいて、必ずしもトイレで排泄出来るとは限りません。自立した歩行が出来なくても介助すればトイレに行ける方もいますし、自立して歩行が出来るのに認知症がある為にトイレに間に合わない方もいます。そんな要介護者をサポートする介護用品では、排泄関連のものも種類豊富に取り揃えています。身体が思うように動かないことでトイレに間に合わない場合には移動可能なポータブルトイレがあります。居室に置けるような家具調のタイプ、暖房便座やシャワートイレになっているものもあります。認知症だったり寝たきりだったり、尿意がなかったりする場合には介護用おむつを使用することをおすすめします。立位可能な場合はパンツタイプのものもあります。おむつ着用は最終手段として、出来るだけトイレでの排泄、リハビリパンツや尿取りパッドの使用から検討するようにしましょう。

体型にあった介護用品を選びましょう

介護をするようになると、いろいろ介護用品が必要になってきます。一番必要になってくるのは排泄ケア用品です。特にリハビリパンツやオムツは必需品です。リハビリパンツは各社工夫をこらした種類のものを販売しています。大きさも様々なのでぴったりと合うものを選びましょう。大きすぎてぶかぶかしていると、排泄物がわきの隙間からもれてしまいます。逆にきつすぎると、もらしてしまった場合排泄物があふれてはみ出してしまったり、血行が悪くなってしまったりします。オムツの場合も同じです。その方の体型ににあったものを選ぶようにしましょう。中に入れる排泄パットも小さなものから大きなものまで種類があります。これもいろいろ試してより良いものを使うようにしましょう。ベッドで寝ているときに漏れてしまったら大変です。そんな時のためにシーツを汚さないように、防水シーツをしきましょう。防水シーツはドラッグストア等で購入できます。

商品検索も簡単らくらくです。症状から、商品名から簡単に選べます。 午前9時から午後5時まで、電話とFAXで対応させていただきます。 アイケアショップの紙おむつは、どこよりも安く、さらに安く安心価格です。 当サイトでは、福祉用具に携わった約20年間の経験を基に、お客様にとって必要な情報の提供やわかりやすい商品説明の記載を心がけております。 介護用品のご注文はあかね福祉へ